みなさん、体調に気をつけてください。

今日は半日休みです

午後に出勤します

奈良でママ活できそうな女性 〜大和高田・橿原・生駒でもママ活にチャレンジしよう

 

 

のんびりと過ごしたいですか?奈良のママ活

今日も頑張りましょう♪

「すごい」「賢い」と褒められ続けると、その評価を維持するために難しいことに挑戦することはなく、嘘をついたり偽造したりする傾向があるという話を読みました。最近よく言われる「褒め言葉」は、「褒め言葉」を間違えないと中毒にならないのではないかと思いました】(ツイッター)

「はがくれ」と呼ばれる武士の指導書の「子供を叱責する」それをやりすぎると、臆病な人に成長します。 「確かに、彼は「これをすると、彼は再び叱られるかもしれない」と常に警戒し、慎重で保守的な人に成長するかもしれません。

褒め言葉と叱責のバランスはかなり難しいです。

家では、子供が幼い頃、家にいることはめったになく、たとえ家にいたとしても、叱ることはめったにありませんでした。しかし、彼女の元妻が「お父さんに話します」と言ったとき、彼らは彼女の元妻に素直に従っているようでした。私は子供たちが私を怒らせるのが怖いのを知っていました。奈良のママ活

部下aを褒め称えると、とても気持ちが良く、気分も良くなり、「私は優秀な人だ」と感じ始めました。言い換えれば、彼は傲慢になっています。奈良のママ活

そんな中、最近、女性を褒め称えると、「あなたは私を過大評価している」と言った。本当に謙虚です。私はますます彼女が好きになった。そのような人は何歳になっても成長することができます。

私の見方では、部下の育成に関しては、80%を褒め、20%を叱ってもいいのではないかと思います。それは人が打たれて強いか弱いかによって異なります。奈良のママ活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です