それはいつの日か私のおじの意志を受け継いだ禅寺の神であろう、

私は世界が好きだから私はまだ迷子になります。 (笑)

奈良で出会い仏であることをやめなさい、
この世界の人々を救うのは観音か地蔵のようなものかもしれません。

聞いた話に

懐石料理があります。

奈良で出会い「懐石」とは

修道女が空腹を打破するためには、

暖かい小石を置いて作られたと言われています。

ティーシートの所有者はそれを引用します、奈良で出会い

私は私のお腹になります
(懐かしの石について)

軽い食事です、

懐石を取り出した食べ物を呼ぶようになりました。

 

(お酒と味噌の碗とされています)

私は多くのことを学びました。

すみません、つまらない話です。
何か興味があるからです。

私はいつも古文書、詩、詩そして辞書を読むのが好きな年老いた子供でした。

今日は夜働いています。

あなたが平和になってくださいますように。
私はよく会っていない私はアイブレイクを決定していない、遊ぶことができる人々はかなり笑っている〜(失望した顔)ああ〜自由時間〜(失望した顔)
人生の四季を担当する神がいます。

奈良で出会い春は青い龍です

すざく(しゅじゃく)神は夏に

秋は白虎の神です

冬は玄武(げんぶ)神様

と言われている。奈良で出会い

今後使用されることを省略しています

いのちの春として
青少年奈良で出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です